IFCAについて

インターナショナル・フォスター・ケア・アライアンス(IFCA)は、米国の内国歳入法501(C)3の規定に基づき政府に認可されたNPO法人です。

 

ディレクター紹介

エグゼクティブ・ディレクター

粟津 美穂(あわづ・みほ)

東京生まれ。1978年、渡米。カリフォルニア州立ポリテクニック大学卒業後、時事通信社ロサンゼルス支局の記者となる。その後、雑誌や新聞に、米国の子どもや女性に関する記事を執筆。 90年代初めより、地域のDV被害者のための施設やユース・カウンセリング・プログラムの活動に参加する。1995年、南カリフォルニア大学ソーシャルワーク学科で修士号を取得。ベンチュラ郡・精神保健局、少年院でインターンを経て、カリフォルニア州立精神科病院ソーシャルワーカー。2001年より4年間ベンチュラ郡・児童保護局で十代の里子たちのソーシャルワーカとして働く。2006年から、ワシントン州の児童保護局で、0歳から18歳までの里子たちとともに仕事をして現在に至る。シアトル在住。 著書に『こんな学校あったらいいな ミホのアメリカ学校日記』(ポプラ社・1988年)、『ディープブルー 虐待を受けた子どもたちの成長と困難の記録』(太郎次郎社エディタス・2006年)がある。

メディカル・ディレクター

白川 美也子(しらかわ・みやこ)

1964年京都市にて出生。1989年浜松医科大学卒業。1994~95年にフランスに留学し、パリ市の子どものためのデイケアセンターで研修をうける。浜松市内のいくつかの病院を経て、98年に静岡県警被害者対策アドバイザーに就任、成人および児童双方のトラウマ性疾患の治療に従事するようになる。2000年4月より独立行政法人天竜病院精神科医長として犯罪被害、DV、子ども虐待など対人暴力の被害者の治療に従事し、警察・児童相談所・社会福祉施設との地域連携を経験。そのなかで、トラウマ性疾患の予防や早期介入の必要性に着目し、行政に転じる。2006年に浜松市保健福祉部保健福祉施設設置準備室。2007年春に浜松市精神保健福祉センター所長となる。同年NAPSACのメンバーと共に1週間渡米し、NCTSNのブランチであるボストンのトラウマセンターを視察。臨床研究を学ぶために2008年より上京し、国立精神・神経センター臨床研究基盤研究員としてTF-CBTの均てん化と母親のメンタルヘルスと乳児の自己調節障害の観察および生物学的背景にまつわる研究を開始する。2009年春10日間の渡米をし、アルゲニー総合病院子どものトラウマティックストレスセンターにて、Judith A Cohen博士とAnthony P Mannarino博士によるTF-CBTのIntroductory Trainingをで受け、その前後にCARES InstituteでEsther Deblinger博士から個人的にトレーニングを受ける。子ども虐待防止センターで多職種による性虐待を受けた施設児童のためのTF-CBTグループを実践。2010年1月より昭和大学精神医学教室特任助教として発達コホートの形成に従事。2011年3月11日に起きた東日本大震災においては、盛岡市の単科精神病院でトラウマ外来を開くと共に、岩手県教育委員会からの招聘で学校教師やスクールカウンセラーと連携し岩手県沿岸部宮古・山田地区の支援に従事する。2011年4月より東京女子医科大学女性生涯健康センター非常勤講師として研究を継続しながら、フリーランスになる。また児童相談所や社会福祉施設での勤務を継続し、地域における子ども虐待やDVによるサバイバーの方への臨床的支援を模索する。この時期にTF-CBTのトレーナーを招く模索をしたことによって、粟津美穂と出会う。2012年4月より横浜カメリアホスピタル勤務。2012年春に任意団体Seeding Hopeを結成、IFCAと共にTF-CBTの国際トレーナーの招致を開始する。秋にIFCA・Seeding Hopeと共に仙台・東京・和歌山でのMonica Fitzgerald博士によるTF-CBT Introductory Training、2013年6月に同博士によるTF-CBT Advance Trainingを開催。2013年10月にこころとからだ・光の花クリニックを開業。2014年9月にIFCA単独の招聘で、Monica Fitzgerald博士によるTF-CBT Introductory Trainingを開催し、Co Trainerを務める。同年IFCAメディカルアドヴァイザーに就任、TF-CBTの開発者らや国際トレーナーから指導を受けながら日本におけるTF-CBTの均てん化に取り組んでいる。三児の母。 NPO法人女性の健康と安全のための支援教育センター理事、日本トラウマティックストレス学会理事、EMDR学会理事、日本子どもの虐待防止学会評議員。東京都女性保護施設慈愛寮嘱託医、東京都立川児童相談所嘱託医、東京都恵明学園乳児部嘱託医など。

【共著】
「性暴力被害におけるPTSD」、不安抑うつ臨床研究会編『PTSD—人は傷つくとどうなるかー』所収、日本評論社、2001 「子どものトラウマー犯罪・虐待・いじめなどを中心にー」、金吉晴編『心的トラウマの理解とケア』」所収、じほう社、2001 「PTSD」、吉本武史編『無意識を活かす現代心理療法の実践と展開—メタファー・トランス・リソース』所収、星和書店、2004 「性暴力被害のセクシュアリティにおよぼす影響とその回復過程」宮地尚子編、『トラウマとジェンダーー臨床からの声—』金剛出版、2004 「トラウマと歴史と解離」森茂起編、『埋葬と亡霊』人文書院、2005 「PTSD、その他トラウマによる子どもの反応」森則夫監修、中村和彦編集、『子どもの精神医学』、金芳堂、2008 「虐待被害を受けた人のメンタルヘルスと治療」,小西聖子編『犯罪被害者のメンタルヘルス』所収,171-197,2008 降り積もるトラウマとPTSD、『支援と復興の災害心理学』所収、福村出版、2012(近刊)

【共訳】
「エランベルジェ著作集2」、H. Ellenberger著、中井久夫編訳、みすず書房 「トラウマティック・ストレス」、Van der Kolkら編、西澤哲監訳、誠信書房 「被虐待児のアートセラピー」角山富雄、田中雅博監訳、金剛出版

【監訳】
「トラウマを乗り越えるためのセルフヘルプガイド」オロール・サブロー・セガン、山本知子訳、白川美也子監訳、河出書房 「DV・虐待にさらされた子どもの心を癒すー母親と支援者のためのガイド」ランディ・バンクロフト著、白川美也子、山崎知克監訳、明石書店 「子どものトラウマとトラウマ性悲嘆の治療」ジュディス・コーエン、アンソニー・マナリノ、エスター・デブリンジャー著、白川美也子、菱川愛、冨永良喜監訳、金剛出版

【研究】
平成21年度~22年度:文部科学研究挑戦的萌芽研究「心的外傷をもつ母親から出生する児の心身や母子相互作用への影響」 平成21年度~:アムウェイ基金:性的虐待をうけPTSD症状をもつ女児に対するトラウマ焦点化認知行動療法の児童養護施設のケアテーカーと協働したグループ療法による均てん化研究、子どもの虐待防止センター 平成22年1月~:CREST : 加藤進昌代表「精神・神経疾患の分子病態理解に基づく診断・治療へ向けた 新技術の創出」社会行動関連分子機構の解明に基づく自閉症の根本的治療法創出、昭和大学特任助教としてバースコホートの立ち上げに関与 平成25年~平成28年度:科学研究費基盤C:「母親の心的外傷が児に及ぼす心身の影響ーメンタルヘルスと遺伝子環境相互作用ー」

続きを読む...

理事紹介

IFCA 米国本部

峰下 拓(みねした・たく)

埼玉県生まれ。1994年、渡米。ルーイス・クラーク大学心理学部を卒業後、2001年から2004年まで、シアトル・チルドレンズ・ホームで、行動・感情障害を持つ少年たちとのカウンセリングと、スタッ フのトレーニング、また、カリキュラム作成にかかわる。2005年、同ホームの寮長に抜擢され、カウンセラーの監督にあたった後、2007年から2年間、プログラム統括責任者、及び施設長を務める。2009年から、ワシントン州の児童保護局で、ネイティブ・アメリカンの子どもたちとその家族とともにソーシャルワーカー、そしてスーパーバイザーとして働く。『ブラックフィート族・ファミリー・モデル』のプロジェクト総監督として、部族の里親と里子の支援プロジェクトの計画からモデル構築までのすべての行程にかかわる。 2012年、ワシントン大学、ソーシャルワーク学科で修士号を取得。現在はワシントン州児童保護局オリンピア本部の政策部門で州全体のメンタルヘルスシステム統合プログラムの主任として働いている。シアトル在住。 

Timothy Bell(ティモシー・ベル)

ティムは18才になるまで、ワシントン州のフォスターケアシステムのもとで6年間暮らした。現在、ワシントン大学で、行政学の修士号を取得するために勉強している。パッション・トゥー・アクションというワシントン州の社会的養護の当事者の評議会の大人の支援者であり、フォスターケア•アラミナイ・オブ・アメリカのワシントン支部のメンバーでもある。また、フォスタークラブの理事も務めている。ティムは、IFCAの理事に就任する前は、この団体のユースチームのメンバーだった。ティムは以前は、ホームレスや精神疾患を経験し、きょうだいのシステムの中での学力低迷も目の当たりにするなどさまざまな苦渋を乗り越えてきた。このような困難があったからこそ、IFCAの理事として、ユースや里親家庭が抱える問題を解決することに使命感を持って望んでいる。

メリッサ・ラップ (Melissa Raap)

メリッサ・ラップは、ワシントン大学、チャンピオンシップ・プログラムのカウンセリンング・サービス・コーディネーター。学生たちと日々、接しながら、彼らに革新的なプログラムとイベントを与えてサービス提供をしている。メリッサは、テキサス州オースチン市にて、 措置解除後の社会的養護の当事者たちの研究調査(Midwest Evaluation of the Adult Functioning of Former Foster Youth Outcomes at Age 23 and 24)のためにマーク・コートニー教授のもとで仕事をした。メリッサは、現在、ワシントン州の当事者顧問委員会、パッション・トゥー・アクションのアダルト・サポーターであり、フォスターケア・アラミナイ・オブ・アメリカのワシントン支部のメンバーでもある。IFCAの顧問に就任することを光栄に感じている。

Jennifer Chang(ジェニファー・チャング)

ジェニファー・チャングは、アイダホ大学で数学とビジネス教育の学位を取得した後、南アイダホの転住者の多い地域の高校で3年間、数学を教えた。シアトルに移り住んでからは2005年まで、アーリントン高等学校で教師をした。ジェニファーはビジネスの修士号も取得している(2000年)。現在は、3つの小規模の事業を経営している。勤務時間に融通のきく働き方がIFCAのような団体での活動を可能にしている。2016年の夏より、この団体の理事を務めている。

IFCA 日本支部

林 浩康(はやし・ひろやす)

現在、日本女子大学社会福祉学科教員。これまで一貫して社会的養護に関する実践、制度論に関心を寄せてきました。学生時代に里親に委託された子どものキヤンプ活動に関わったことを契機に、社会的養護に関心をもつようになりました。現在、子どもの支援活動を行っているNPOへの支援や、自治体や国の児童福祉に関する委員活動に携わっています。

筒井 保治(つつい・やすひろ)

IFCAのリーフレットがここからご覧になれます。印刷する事も可能です。IFCAリーフレット »

 

フルカラーで印刷されたリーフレットをご希望の個人の方や団体は、宛先と部数をお書きになり、下記のメールアドレスにお送りください。info@ifcaseattle.org


Copyright © IFCA Seattle All Rights Reserved.   Design by designtym