日本とアメリカの

フォスターユースの連携

slide1

すべての子どもたちに家庭的なケアを

slide2

子どもや家族に、最良のプログラムを届けよう

slide3
slide5

日本とアメリカの児童福祉をつなぐ「ユース・プロジェクト」 メンバー募集
» 詳細はこちら

IFCAのビジョン

IFCAは、すべての子どもと若者が愛され、支えられ、自身の可能性を最大限に発揮できる社会の実現を目指します。

IFCA3 つの領域で活動を展開しています。

私たちの活動の対象はユース、ケアギバー、そしてプロフェッショナルです。

ユース
社会的養護の当事者

児童養護施設や里親家庭で育つ子どもたちや、フォスターケアを離れて自立した若者たち。

ケアギバー
子どものケアにあたる人たち

里親・親族里親・児童養護施設のスタッフなど、日々、子どもの養育をする人たち。

プロフェッショナル
子ども家庭福祉の専門職

ケースワーカーや臨床心理士など、子ども家庭福祉の分野で働く専門職の人たち。

IFCAのミッション

IFCAのミッションは、国を超えた、多様な考えの交流、協働、つながりづくりを通じて、子ども家庭福祉のシステムを前進させることです。

My Voice Our Story - フォスターユースによる、世界で初めてのバイリンガル・ブログ
フォスターユースによる、世界で初めてのバイリンガル・ブログ

↓モッキンバード・ファミリー・ジャパン(MFJ)のウエブサイトはこちら。


Copyright © IFCA Seattle All Rights Reserved.   Design by designtym